忍者ブログ
月夜の兎庭園
トミーウォーカーのPBW「シルバーレイン」で遊ぶ一七夜月氷辻・烏兎沼華呼の雑記です。 各内容は、カテゴリーで判断してください。
 59 |  58 |  57 |  56 |  55 |  54 |  53 |  52 |  51 |  50 |  49 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

烏兎沼華呼の過去話第3話です。


陽だまり幻想 3 -現在-


 夢から、覚める。

 誰かが、声をかけていた。
 誰かが、肩をゆすっていた。

 華呼はうっすらと目を開けた。
 目に入る、誰か。同じ年頃の男の子。
 でも、わたしは同じ年頃の男の子は、一人しか知らない。
「烏兎沼」
 彼が声をかけた。
 ウトヌマって、なんだったっけ。
 思い出せないまま華呼は彼ににっこりと笑いかける。昔、どこかに置いて来てしまった、混じりけのない笑み。
「お姉ちゃんでしょう、ラン」
 …ランって、誰?
 瞬間、完全に目が覚めた。
 目が覚めた…ということは、寝ていたのだ。というよりむしろ…寝ぼけていた、が正しい。
「ごめんっ」
 がばっと華呼は身を起こした。
「何か変なこと言いましたっ。というか、寝てましたっ」
 というか寝ぼけてましたー…。
 小声で言って、そこにいる彼を見上げる。まだ知り合って日は浅いが、思い出せないような間柄ではない。そこには、最近華呼が入った結社に所属している霜月蒼刃が、少し不思議そうに彼女を見下ろしていた。
 ああ、もう信じられない…。
 華呼は恥ずかしそうに両手で頬を押さえる。
 キャンパスは違うが同学年の彼と、授業の情報交換をしようと図書館で待ち合わせをしたのだ。約束の時間より早く着いてしまったため、ふと目に付いた本を窓際の机で読んでいて…眠ってしまったようだ。あまりに、陽射しが温かくて。
 いつかの陽射しのように、柔らかく、優しくて。
 その「いつか」がいつなのかは、分からないけれど。
 華呼は両頬を両手で包んだまま、微かにうつむいて言った。
「本当、ごめんなさい…」
 申し訳ない、というよりも恥ずかしいという思いの方が強い。
「いや」
 彼は、くすりと笑いつつ向かいの椅子に座りながら言った。
「ここ、気持ち良さそうだもんな」
「…本当に。致命的なまでに…」
 華呼は窓の方に目を向ける。
 なんて心地よい、オレンジ色の陽射し。優しい夢を見せるには、充分な資質を持っている。
「ランって…妹さんか弟さん?」
 ぼんやりと外を眺め続ける華呼に、蒼刃が声をかける。そうして、華呼はようやく思考が覚醒してきた。…ラン?
「さっき、そう呼んでいた」
「…あの、さっきのことは、出来るだけ速やかに忘れてください…」
 言ってから、首を小さく傾げる。
 ラン。
「さあ…誰でしょう…」
 自分で口にしておきながら首を傾げる。どこから出てきた名前なのだろう。名前の響きからして…妹か。
「……妹……『妹』かなぁ…」
 華呼はやれやれと頭をおさえる。『妹』か。それはあんまり楽しい存在ではない。
 でも、それにしては温かな夢だったような気がする。それが『妹』だというのなら、この陽だまりのイメージはあまりにふさわしくない気がした。
 存在するはずのない妹。おぼろげな記憶。
 ……むかし…むかしの…。
「小さい頃の記憶って、どれくらいありますか?」
 ふいに、華呼は口にする。先ほどわけのわからない醜態を見せてしまったせいか、なんとなく気負いなく、思い浮かんだことを口にしてしまう。
 唐突な問いに訝ることなく、蒼刃は答えてくれた。
「そうだなぁ。俺は結構残ってる方だと思う」
「そう、ですか…」
 華呼はほとんどない。
 兄と血が繋がっていないことは知っている。つまり、自分には烏兎沼「以前」があるはずなのだ。なのに、その一切が記憶にない。
 物心つく前に烏兎沼に来た、という可能性もあるが。それにしては、中途半端に色んな想いが自分の中に残っている気がした。
 たとえば『妹』。
 蒼刃は笑う。どこか自嘲気味に。
「必死で幼い頃の思い出にしがみついていただけかもしれないけど」
「あ、ごめんなさい。嫌なこと、訊きました」
「いや」
 彼の穏やかな笑みに促されるように、華呼は言った。
「わたしはほとんど忘れてしまっていて…すごく大事なことも、全部忘れてしまっているみたいなんですよね」
 陽射しを受け取って温まった手のひらに目を落とす。
 形にならない温かな記憶。おぼろげ過ぎて、本当にあったかどうかもわからない。曖昧な想い。
 陽だまりの記憶。
 それは、そんなことがあったような気がする、くらいの想いしかない。
 幻かもしれない時間。昔、誰かが自分を必要としてくれたという、そんな時代。
 「烏兎沼」という鎖につながれてからは、必要のなかった温もり。
 だから、
「…過去に、そういうの全部置いて来てしまったんじゃないかなって」
 多分、その時わたしは取り返しのつかない何かをしてしまったのだろう。
 だから、いつまでも不安定なのかもしれない。
「…そっか。俺も、一番大事なことはいつの間にか忘れてしまっていたんだけどな」
 それは、今は思い出せたんですか?と訊こうと思ったが、あまり踏み込むのも悪い気がしてその言葉は飲み込む。が、蒼刃の方が問うてきた。
「置いてきてしまったもの…思い出したいか?」
 その言葉に対する答えを、華呼は持っていなかった。
「どうでしょう」
 言って、華呼はひっそり笑う。
 そんな温かな記憶を所持する資格は、もうないのかもしれない。
 冷たく暗い想いだけを抱えている。それを捨て去ることもできないまま。どっちつかずのままで。
「ただ、覚えている記憶っていうのはあまり楽しい幼少時代でないから…。何に対しても冷めきっててたとか…友達がいなかったとか。そういえば、烏兎沼って呼ばれるの、昔から嫌いだったなとか…」
 言ってしまってから、我に返る。
 より早く、蒼刃が申し訳なさそうに言った。
「烏兎沼って呼ばれるの、嫌いだったのか…ごめん」
 故に、華呼の方があわてる。
「あ、すみませんっ。他意はないんですっ。その、この学校来てからは随分平気になりましたし」
 たとえば、と華呼は思い浮かべて、胸のうちでつぶやいてみる。
 中学のクラスメイトの呼ぶ「烏兎沼さん」と宮之原くんや四季森先輩達が呼ぶ「烏兎沼さん」は違うし、鳥子さんの呼ぶ「華呼さま」とリゼちゃんが呼ぶ「華呼さま」も。全然、その呼び方に込められた気持ちも温度も違う、し。    
 でも、昔は家や学校でそう呼ばれる度に、その名前でがんじがらめにされている気がした。本当の名前ではないのに、それに変質させられそうになっていくような気がした。
 否。恐らくそうやって、自分はもう違うものになってしまった。
 ―― ハナちゃん
 ふいに、記憶の中の誰かが呼んだ。
 誰だったっけ…。いや、確かに今も玖珂守くんや須賀くんがそう呼ぶけれど。
 もっと昔。…氷辻ちゃんもそう呼んでいた時代があった。でももっと昔。
 思い出せないまま、華呼は小さく息をつく。
 烏兎沼と呼ばれるのは好きではなかった。
 でも。
「そもそも、わたしだって『名前で呼んで欲しい』とか言われないと、名前で呼べませんから、すごく不当な言い分なんですけど、ね」
 そうやって、上手く人との距離を縮めることはできない。
 何にそんなにおびえているのか。恐れているのか。
 彼女は少し笑う。窓ガラスに微かに移る表情が華呼の目の端をかすめた。本人にも自覚のある。どこかに何かを置き忘れて来てしまった、いつも何か足りない笑み。
 その不在を、埋めることはできない。
「…ああ、なんだか変なことたくさん喋りすぎました。本来の目的を果たす前に図書館が閉まってしまいますねっ」
 言いながら、華呼は眠る前まで読んでいた本を端に除ける。「不思議の国のアリス」。これは帰りに借りていこう。そして、教科書を広げる。と、
「……。さっきの方が、良かったけどな」
 ふいに、蒼刃が言った。きょとんと華呼は視線を上げる。
「え」
「笑い方。すごく自然な、いい顔してたよ。…思わずみとれるくらいにな」
 小さく微笑んで、彼は華呼を見ている。華呼は驚いたような顔のまま、その視線を受け止めていた。
「…そんなふうに、笑えていましたか。わたし」
「ああ」
「…そ、そうなんだ」
 無意識に口元がほころぶ。
 決して埋められることのない不在。永遠に足りないなにか。どこかに置き忘れて来てしまった想い。
 でも、それなら。いつか、それを補えることが出来るのかもしれない。
 そんな笑みが、自分の中にまだ存在しているのなら。
 華呼は少し嬉しそうに両の頬を手で押さえた。
「ああ、そうだ」
 蒼刃の声に顔を上げる。彼は穏やかな笑みのまま言った。
「俺の事、『名前で呼んでくれないかな?』」
「え」
 華呼はきょとんと蒼刃を見る。彼は柔らかに続ける。
「同級生なんだしさ。その代わり、俺も烏兎沼を名前で呼ばせてもらうから」
 そう言って、微笑む。
「…駄目、かな?」
「…わたし、男の子を名前で呼んだこと、ありません…」
 その表情のまま、つぶやくように華呼は告げる。どんなに思い返しても、昔兄のことをまだ「一樹様」と呼んでいた時代くらいしか、男の子を名前で呼んだことはない。
 なんだかそれは、とてもハードルの高いことのように感じた。
 でも、と華呼は拳を握った。
「ではっ、これを機にっ、頑張って、なんとかっ…」
「いや、無理はしなくても良いんだけど」
 力の入る華呼に蒼刃は苦笑する。
「うとぬ…じゃない、華呼が苗字の方が呼びやすいならそれで構わないよ。俺の方も、呼び捨てが嫌なら考えるし」
「嫌じゃありません。全然。そう言ってもらえて、嬉しいです」
 深く考えずに、その言葉が口からこぼれた。それに気づいて、華呼は「うん」とうなづくと、もう一度言った。
「嬉しい、です」
 それは、まだいくらか何かが足りない笑みだけれど。
 今における、最大限の微笑み。

 閉館時間まで授業の様子を教え合い、ノートの取り方やまとめ方を研究する。そして、予習のやり方や家庭学習のペース配分などのやりとりをした。
 外に出ると、陽が沈みかけていた。あたりはゆっくり夕闇に沈んでいく。
 陽だまりの記憶のように、ゆっくりと温かさは薄れていく。
「今日はありがとうございました」
 華呼は蒼刃を見上げ、少し肩を落とした。
「駄目ですね。芹香先輩といい、わたしはいつも人に助けられてばかりなんです」
 つい最近あった出来事を思い出してみる。他にも、銀誓館学園に来てからのことを、いくら思い返しても、自分が誰かの力になっていた記憶が彼女には思い当たらない。でも。
「でも、きっとちゃんとお返ししますから」
 そう言って、片手をぐっと握り締める。
「霜月くん…じゃなくて、そ、蒼刃くん、もっ。何かあったら、助けを求めてくださいねっ。その…全然頼りになりませんけど…」
 まだ、そうやって名前を呼ぶのはぎこちなく。少し照れたように笑う。それに答えるるように蒼刃も微笑んだ。
「ありがとう。その時は頼らせてもらうよ。と、言っても、本当はお返しをしなくちゃいけないのは俺の方…いや」
 何か言いかけた蒼刃を華呼は不思議そうに見ている。蒼刃は何事もなかったように続けた。
「お返しをしてもらうようなことは何もしてないんだから、華呼も何か困った事があったら言ってくれ」
「…あるんですけど。でも、うん」
 うなずいて。自然にこぼれる笑みも、まだ何かが足りないけれど。 
「そういう時は、お願いします、ねっ」
 

 それは、無邪気だった頃に陽だまりに置いてきた記憶。
 おそらく、二度とは取り戻せない温もりと、かけがえのない存在。
 幻想のように儚い記憶は、もうないも同然だけれど。
 もう一度新しい温かさを手に入れることは、きっとできると信じて。
 凍てついた華は、いまだ陽だまりの中でも強固なまでに冷たいままだけれど。
 いつか、陽射しの下で花開ける日が来ることを想って。


 おわり





協力してくれた蒼刃くんと、
ここまで読んでくださった方に、最大の感謝を。

そして、勝手ににお名前を出させてもらった方はすみません。
NGの場合は、こっそり教えてください。
修正します。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  月夜の兎庭園  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ★ Write ★ Res
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/17 玖珂守・いつき]
[05/06 霜月・蒼刃]
[05/01 一ノ瀬透也]
[04/25 一ノ瀬・透也]
[04/25 霜月・蒼刃]
最新TB
(10/02)
プロフィール
HN:
一七夜月氷辻・烏兎沼華呼
性別:
非公開
自己紹介:
 ここで使われているイラストは、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権はイラストを描かれた絵師に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析